> Plesk̊g機能

ドメインごとのhttpd.includeのカスタマイズ

Pleskでは、各ドメインが以下のように個別のファイルに保存されたバーチャルホスト設定を持っています:

/home/httpd/vhosts/<domain-name>/conf/httpd.include

このファイルは、バーチャルホスト設定が変更されるごとに上書きされるため、ファイルに手動で加えられた変更はいずれも破棄されます。カスタマイズ したディレクティブを使用する場合やPleskが上書きしたものを定義し直す場合は、vhost.conf および/またはvhost_ssl.conf ファイルを作成し、/home/httpd/vhosts/<domain-name>/conf/ディレクトリに必要なディレクティブを与 える必要があります。

メイン設定ファイルが生成される時までにいずれか(または両方)のファイルが存在している場合、PleskはHTTP および/または HTTPS バーチャルホストコンテキストにInclude /home/httpd/vhosts/<domain-name>/conf/vhost.conf または Include /home/httpd/vhosts/<domain-name>/conf/vhost_ssl.conf のいずれかの適切なディレクティブを挿入します。

セキュリティ上の理由で、root のみが vhost.conf および vhost_ssl.conf ファイルを作成することができます。

変更を有効にするには、以下を実行する必要があります:

/usr/local/psa/admin/sbin/websrvmng --reconfigure-vhost --vhost-name=<domain_name>


トップへ